パルクレール リプロスキン ニキビ

ニキビで悩んでいる方にとって、効果が似たような商品があると、どちらを使った方が効果が高いのかと迷うものです。パルクレールとリプロスキンはどちらもニキビ跡に効果があるとされている基礎化粧品ですが、どちらも同じ成分が配合されており、金額も近いので自分にどちらがより効果があるのかを見極めるのが難しくなります。まずパルクレールですが、有効成分として配合されているものはプラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウム、保湿のスクワラン、ハリなどのコラーゲン、潤い効果のヒアルロン酸、とリプロスキンと同じです。どちらもパラベン、合成香料、石油系界面活性剤、エタノールや紫外線吸収剤などは無添加で日本製、医薬部外品となります。一番の大きな違いは、パルクレールはオールインワン美容液となりその役割は、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、マッサージジェル、化粧下地、ニキビケアと1つで8役をこなします。そのため、これひとつで様々な効果が期待できます。たくさんの効果があることから、コスト面では経済的です。また、プラセンタ成分により肌の凹凸に働きかけて滑らかに見せてくれる効果があります。その他にも高い美容効果を持つ天然成分によって様々な角度からお肌の悩みにアプローチしてくれます。一方リプロスキンは化粧水で、お肌に水分を補うことで角質を柔らかくしてくれます。有効成分の他にも保湿成分や美容成分のダーマホワイトやアロエエキスなどが含まれていて、導入型柔軟化粧水になります。有効成分と潤いサイクルをバランスよく配合しており、成分の配合にとことんこだわっています。リプロスキンは、イチゴのようなブツブツのお肌やみかんのようなボコッとしたお肌、りんごのような赤みのあるお肌に効果が期待できます。高い保湿ケアによって、乱れた肌のターンオーバーを正常に整えて、さらに肌を柔らかくすることでできてしまったニキビや跡に働きかけてくれます。それぞれの効果があるので、自分に状態や症状にあったものを選ぶことが大切です。ニキビの跡にも赤みを持っていたり、クレーターのように凹凸があったり、色素沈着のような状態になったりと様々な症状があります。自分の状態を把握して、有効成分の効果を確かめてから使用すると効果的です。パルクレールとリプロスキンにも、症状によってそれぞれより効果が違ってくるため、自分にとってどちらがより効果的か見極めることが必要です。